肩甲骨の痛み、背骨が痛いなど背中のお悩み改善ブログ

肩甲骨の痛み、背骨が痛い、肩こりなど背中の痛みの原因・解消方法や、ストレッチ・エクササイズを紹介!背中のお悩み解決ブログです。

肩・肩甲骨のストレッチで野球の投球時のゴリゴリなるのを解消

   

公園ネコ2

野球で肩・肩甲骨に痛みがある時

野球の球を思いっきり投げようとすると、肩の前の部分に痛みが走るということは、ありませんか?

普段の生活で痛みはなくとも、上から投げると肩がゴリっとなったりする場合には胸骨部や、軸として回転する部分にダメージを受けているかもしれません。

胸骨のあたりにダメージが出ていると、投球の際、肩に大きな負担となってしまいます。

スポンサードリンク

ゴリゴリ!肩・肩甲骨に痛みがある時の原因

肩、肩甲骨の痛みの程度にもよりますが、病気なのか?それともトレーニングなどで解決できる問題なのか?という点については、スポーツの種類によります。

肩・肩甲骨に痛みが発生しても運動を続けて良いものと、できる限り休んだ方が良いものがあります。

肩を上から下へ回す動作を行うような動きのある投球の場合には、原因の回復に至るまでは、基本的に休んだ方が良いといえます。

また、肩こりが酷くなってしまった場合にも、肩甲骨周りが歪んで、ゴリゴリという音が肩を回した時に聞こえることもあります。

どれくらいの頻度で野球の練習をしているかにもよりますが、それこそプロ野球の選手並みに行っている場合には、投球動作という繰り返す動きを行ってきているはずです。

投球によるダメージが蓄積して、起こる怪我といえますので、どんな場合でも休んでおくことをオススメします。

肩・肩甲骨の痛みにはストレッチがおすすめ

たまに野球をするという場合には、肩がこっていて、体が固くなっていることが原因で音が生じている可能性があります。ストレッチなどをきちんと行っていくことをオススメします。

おそらく体が固くなって、肩や肩甲骨の柔軟性が低下していることが原因ではないかといえますので、お風呂上りなど、体が温まっている時に継続的にストレッチをすることをおすすめします。

肩や、肩甲骨の具体的なストレッチの方法について説明します。あくまでも無理のないようにすることが大切です。

スポンサードリンク

おすすめのストレッチのやり方

肩・肩甲骨の痛みや、肩こりなどがある時には、ストレッチが効果的だといわれています。ストレッチを行うことで、血行がよくなって硬くなっていたコリが柔らかくなっていきます。

さまざまなやり方がありますが、その中でタオルを使ってするストレッチや、風呂上りに30分間くらいかけてじっくりやるストレッチなどを紹介します。

ご自身の痛みの程度に合わせて、無理なく進めて下さい。まずは、ゆっくりと肩を回します。上下に揺らすことで、体の中の血液が揺さぶられる刺激で、流れやすくなります。

また、物にぶら下がるという柔軟も効果的ですのでオススメです。

タオルの両はしを手で持って、まっすぐ頭の上に伸ばし多状態で、呼吸を深くしながら、吐き出す時に両手を下に引き伸ばします。

タオルを持つ手の間隔を狭めていくことで効果が高まるので、様子を見ながら無理なく行いましょう。

そして、片手を背中して、もう一方の手を鎖骨にひっかけるような状態で、呼吸を深くしながら首を伸ばします。手を変えて数回行ってみて下さい。

このように、肩・肩甲骨に痛みがある場合、ストレッチがおすすめです。

スポンサードリンク

 - 肩甲骨ストレッチ