肩甲骨の痛み、背骨が痛いなど背中のお悩み改善ブログ

肩甲骨の痛み、背骨が痛い、肩こりなど背中の痛みの原因・解消方法や、ストレッチ・エクササイズを紹介!背中のお悩み解決ブログです。

左肩甲骨に痛みが突然やってきた時の考えられる原因は?これは気を付けて!

      2016/05/25

ヘルパーと男性16

左肩甲骨に突然の痛みが!原因はなに?

朝起きたら、突然、左肩甲骨が痛いということがあります。

左肩甲骨の痛みはたいてい筋肉痛が原因で、たまに寝違えが肩甲骨周りの筋肉に及んでいることもあります。

筋肉痛というのは、日頃はしない激しい運動をした翌朝などから起こるものですが、中年になってくると2、3日後から筋肉痛が出てくる場合もあります。

また、心臓の病気が潜んでいる場合もありますので、左肩甲骨が痛い上に息苦しい気分が悪いなどの症状があるようでしたら、速やかに内科を受診しましょう。

スポンサードリンク

運動など、何もしていないのに左肩甲骨が痛むのはなぜ?

特に運動や、ぶつけるなどをしていないのに左肩甲骨に痛みを感じる場合もあります。

深刻な病気などの理由をのぞくと、それはやはり『重たいものを持つ』など、左側にだけ負荷が掛かり、その痛みが筋肉痛として数日後に出てくることが多いです。

特に女性は、20歳を過ぎると筋力が落ちますし、若い頃は両腕いっぱい買い物をしてもなんともなかったのに、

中年期を過ぎると大量の買い物をしただけで、筋肉痛に襲われるようになってしまいます。

例え両手で重たいものを持ったとしても、その筋肉の痛みは筋力の弱い左に出ることがあります。

何かの病気の可能性はあるのか心配

左肩甲骨の痛みの原因は主に筋肉痛ですが、『心臓病の可能性』もあると最初に書きました。

その他の病気としては、椎間板ヘルニアの痛み』を肩甲骨で感じている場合が考えられます。

左肩甲骨の痛みだけではなく、指先がしびれたり、感覚がないなどの症状があったら、病院の整形外科へ行きましょう。

また、首の骨(頚椎)にもヘルニアは起きますので、寝違えの痛みと思っていたら『頚椎椎間板ヘルニア』というケースもあります。

こちらも筋肉痛とは違う痛みでしたら病院で診てもらうと良いでしょう。

スポンサードリンク

左肩甲骨が痛むとき、どうやって治したらいい?

左肩甲骨に痛みを感じるようになったら、筋力が落ちたことによる筋肉痛と、椎間板ヘルニアなど原因になることが多いです。

お子さんを抱えたり、荷物を持つなど、肩甲骨に掛かる負担を極力減らすようにします。

普段の生活もあると思いますが肩や、肩甲骨に痛みがある間だけでも意識的に負担を減らし、肩や、肩甲骨などを休めるようにして下さい。

たとえば重たい物を一度に持たない、買い物などは可能なら車で行ったり、ショッピングカートを使うなど、肩に負担をかけない生活をします。

それでも、仕事などで疲れ果てて帰宅されることもあるでしょう。痛みを減らす手段になるのが、腕や肩甲骨周りに湿布を貼ることです。

肩甲骨を覆う僧帽筋周りと、二の腕の内側に湿布を貼っておくと、あとから出てくる筋肉痛がかなり軽減されます。

また、お風呂に入って、肩甲骨周りの血流を良くするのも効果的です。

肩甲骨まわりの筋力は年を重ねるほど弱ってきますので、

『肩甲骨はがし』など肩甲骨周りのストレッチを生活に加え、少しずつ筋力トレーニングもしておくことも大事になります。

何もしていないのに左肩甲骨が痛い、と感じるようになった場合、仕事や、買い物、子供の世話などの日常生活の積み重ねが原因となっている場合が多いです。

身体を休める時には休め、ときには鍛えて快適な毎日を送りましょう!

スポンサードリンク

 - 肩甲骨が痛い