肩甲骨の痛み、背骨が痛いなど背中のお悩み改善ブログ

肩甲骨の痛み、背骨が痛い、肩こりなど背中の痛みの原因・解消方法や、ストレッチ・エクササイズを紹介!背中のお悩み解決ブログです。

肩甲骨のこりのツボ刺激で背中のゴリゴリまで解消しませんか?

      2016/05/25

エステを受ける女性22

背中や肩甲骨のこりに効くのは?

毎日の生活の中で背中や、肩甲骨周りのこりに悩まされている人も多いのではないでしょうか?

背中のこりは、なかなか解消し辛いものです。

こりが酷くなれば、日常生活にも支障が出るくらいの傷みを伴いますので、出来るだけ早い段階で、解消しておきたい症状です。

通常は、肩甲骨を動かしたり、ストレッチをしたりして、その痛みを軽減するのですが、

動かすのも痛くて出来ないという場合には、ストレッチ以外の方法で改善していく必要があります。

そんな時に肩甲骨周りや、背中のこりに効くのがツボです。こりに効くつぼを押すことより、辛かった肩甲骨のこりを解消することが可能になります。

この肩甲骨のこりに効くツボは、誰でも簡単に押すことが出来ますので、痛みが辛い場合には、まずツボを押すことから始めてみると良いでしょう。

スポンサードリンク

肩甲骨のこりに効くツボの場所は?

肩甲骨のこりを解消させることが出来るツボの場所に関しては、とても分かりやすい場所にあります。

その場所は、肩甲骨の内側に位置する場所となり、膏肓(こうこう)と呼ばれる位置が肩甲骨のこりを解消してくれるツボとなります。

正確な位置ですが、 肩甲骨の上角と、下角を結んだ、ちょうど中間の場所に位置しています。

肩甲骨の内側の限りなく、キワに近い場所が膏肓のツボの場所となります。

このツボを押さえることで、肩甲骨周りのこりは、大幅に軽減することが出来ます。

痛みが気になる場合や、背中がこっている感じや、張りがある場合、膏肓を抑えることで痛みを解消する手助けになるでしょう。

スポンサードリンク

肩甲骨のこりに効くツボの刺激の仕方は?

肩甲骨のこりを解消する膏肓というツボの押さえ方ですが、膏肓の位置的に自分では、ツボを押さえることが出来ない場所にあります。

そのため、誰かに押してもらう必要があります。

肩甲骨周りにこりが生じている場合、この膏肓の周辺もゴリゴリの状態になっていますので、その固くなった場所を目安に押してもらうと、ツボ押しの効果が得られます。

膏肓は、左右に一か所ずつありますので、左のコリこりを取り除きたい場合は左の膏肓、右のこりには右側の膏肓を押すことで、こりをほぐす効果があります。

出来れば、両方の膏肓をまんべんなく、押してもらう方が背中全体のこりの解消になります。

押さえる場合には、膏肓のツボの場所を上から、垂直にゆっくりと押すようにします。

刺激をする時には、約10秒程度の時間をかけながら、ゆっくりと押さえることが重要です。

素早く押してもツボの効果が出ませんので、注意しましょう。

注意点として、強く押し過ぎると、背中を痛めることになります。

特に無理やり押すと、肋骨が骨折する危険性も高まりますので、力加減に注意してツボ押しを行ないましょう。

スポンサードリンク

 - 肩甲骨こり