肩甲骨の痛み、背骨が痛いなど背中のお悩み改善ブログ

肩甲骨の痛み、背骨が痛い、肩こりなど背中の痛みの原因・解消方法や、ストレッチ・エクササイズを紹介!背中のお悩み解決ブログです。

肩甲骨を柔らかくする方法!肩甲骨はがしのやり方を紹介!

      2016/06/08

ヨガをしている女性2

最近『肩甲骨はがし』というストレッチのやり方が注目されています。

肩甲骨はがし、というネーミングはドキッとしますが、肩甲骨周りを柔らかくして肩こりをスッキリさせるやり方です。

肩こりは、肩甲骨周りの筋肉が固まっていることから起こる場合が多いため、

いま現在、肩こりに困っている方は、これから説明する柔らかくする方法を参考にしてみて下さい。

肩こりがツライ!その原因は肩甲骨にある?

原因不明の不調として、頭痛、めまい、吐き気にだるさなどを感じている方も多いことでしょう。

生理だから、とか、あるいは更年期だから…とか、生まれつき神経質だから、などとひとりで考えて我慢していませんか?

こういった不調の原因はたしかに体質的な問題などもあるのですが、いつのまにか忍び寄っている『肩こり』が大きな原因なことも多いのです。

肩は大きな頭を支えているため神経も多く、肩こりはあっという間に自律神経のバランスを崩し、最初に挙げたような症状が出てきます。

肩こりは筋力の弱い女性に多いため、自覚する前から積極的に柔らかくして、解消していかなければなりません。

スポンサードリンク

肩甲骨はがしは一人でできるの?やり方は?

肩こり解消のための肩甲骨はがしは、ひとりで行うことができます。

一人で行う柔らかくするやり方は、肩に両手をあて、肘を前後に大きく回した後、両手を上げて肘を開きます。

要するに『力持ち』のようなポーズをとって、肘を開いたまま後ろに引いて背中を刺激していきます。

この段階で、肩甲骨を柔らかくなり、かなりほぐれます。『気持ちいい!』という感覚もあるはずです。

もしこのやり方で『痛い』と感じたら、かなり重症の肩こりですので、湿布を貼って手当てしたほうがいいのかもしれません。

この動作を5~10回繰り返した後、両腰に手を当て、肩甲骨を意識しながら両肘を前後に動かします。

最後にもう一度、肩に両手を当てて肘を回して終わります。

それぞれの動作は5~10回繰り返すのが、無理なく続く方法でしょう。時間のある時は、20回くらい行ってもいいです。

肩甲骨はがしは一人でやらないずに複数でやった方がいいの?

肩甲骨はがしをもし複数人でやるなら、素人同士でやるより整体の専門家に頼むほうが安全です。あまりに肩こりの状態が酷いようなら、整体の先生に肩甲骨を柔らかくしてもらった方が良いでしょう。

なぜなら、肩こりの状態は千差万別で、岩のように凝っている人もいるからです。この状態だとひとりで行うのは無理ですので、整体の先生に頼んでみましょう。

スーパー銭湯などに常駐しているマッサージ師の方もやってくれますが、やはり身体の状態を色々と相談できる専門の先生のほうが落ち着いて施術を受けられます。

複数で行う場合は、じっくりと全身をほぐして『凝り』のひどい部分を見つけることから始まります。この時、肩こり以外にも、首や、腰にも問題が見つかるかもしれません。

さらに、施術の段階で姿勢のクセなどもチェックしてもらえるので、ライフスタイルを変えるキッカケになることもありえます。

施術は整体の先生に任せることになりますので、やり方は人それぞれです。

じっくりと揉みほぐしたあと、トントンと叩いたり、力を入れて筋肉を緩めたりしてくれます。

適度な痛みとともに、施術後の肩がスッキリしていると感じたら、続けるといいでしょう。

スポンサードリンク

肩甲骨はがしの効果は?そして、肩甲骨が凝るワケは?

肩甲骨はがしの一番の効果は、肩こりが解消して日々の不快な症状が軽くなることです。

頭痛や、めまいも起きにくくなり、その他の肩こりからくる自律神経の乱れが軽減します。肩こりは、決して甘く見てはいけないです。

自律神経の乱れが生じると、頭痛、めまい、吐き気だけではなく動悸や、頻尿、不整脈まで引き起こしてしまいます。

それを放置すると、メニエール病や、糖尿病などの自己免疫系の病気も引き起こしますので、肩甲骨はがしを積極的にやって、柔らかくして、肩こりを解決しておくといいでしょう。

肩甲骨はがしの一番の効果は、生活習慣病予防ということかもしれません。終わりに、肩甲骨周りが凝る理由も挙げておきます。

肩こりの起こる原因は、運動不足や、常に重たい荷物を持っていることもありますが、現代の肩こりは目から来ることも多くなっています。

仕事でパソコン作業が増えたため、目の疲れが肩こりを引き起こすのです。そのため、肩こりそのものを予防する方法としては、疲れ目のケアも考えてみましょう。

時間ごとにパソコン作業をやめて目を休めたり、ブルーベリーなどの目に効くサプリを飲んだり、パソコンや、テレビなどのディスプレイを見ない時間を作るといいです。

また、筋肉の凝りをほぐす市販薬や、処方薬もありますので、肩こりがひどいようならかかりつけのお医者さんに相談するのもいいですね。

スポンサードリンク

 - 肩甲骨はがし